ホーム > 現金化 > 金券換金率を調べて現金化の効率を高める

金券換金率を調べて現金化の効率を高める

クレジットカードの現金化をする上で金券を使うというのは今では非常に多い手法と言えます。金券をクレジットカードで購入して金券ショップに売るという作業は誰でも出来る上に換金率も高いので業者を使わないで済みます。 

ちなみに、金券の場合は97%の換金率になる場合もあります。

 

もちろん97%という換金率に関しましては常にそんな高い換金率になるということではありません。常に換金率は変動しますが、効率よく換金率を上げていくためにもどういったものが高く売れるのか知っておきましょう。

 

まず知っていてもらいたいのは需要があるものが換金率が高くなります。これはもちろん欲しい人がいれば売れるので当然なのですが、ここの解釈を間違っている方が多いので注意しましょう。

また、需要があるものだとしても、買い取ってもらう場所によっては低い価格で買い取られてしまう場合があります。つまりその買い取ってくれる店に合わせて選ぶということも大切です。

その買い取ってくれる店舗とマッチングする商品券を選ぶことが大切だということになります。

 

そんな中でオススメな店舗というのは大手百貨店の商品券売り場となりますが、そういったところの換金率は95%以上がほとんどです。ですので、そういったところが近くにあれば利用してもらいたいのですが、ちなみに全国百貨店共通商品券の換金率は98%になる可能性があります。

 

ちなみに、利用できる店舗数が少ない金券にかんしましては換金率がかなり低くなってしまいますので、金券でも出来る限り利用できる店舗が多いものを選んでください。

クレジットカードの換金とは?


タグ :